カテゴリ:海外空港( 9 )

12/21 シアトル遠征 ボーイングレントン工場編

今回はボーイングレントン工場です。
レントン工場はB737の組み立てが行われています。

工場内は一般には公開されていませんが、ボーイング関係者とその家族はプライベートツアーの形で見学することが出来ます。日本でいうところの働くお父さんの職場見学の様なものでしょうか。

工場見学は、来客受付で事前申請しておいたIDを受け取り、ゴーグルと耳栓をし他工場から専用列車にて運ばれてきたB737の胴体をもとに最終組み立てを行うラインと翼を製造しているラインを間近に見ることができました。やはり撮影は一切NGです。

案内をしてくださった方はボーイングの社員で長年某日系エアラインのB737を担当されているそうです。

このレントン工場では一ヶ月に35機ものB737を完成させていました。




では、外周からこのレントン工場の旅客機を撮影する為の撮影スポットと行き方を紹介します。

私の訪れた日は雨が降り飛行している機体もありませんでしたので車から場所の確認をおこなうだけになりました。
下のマップの「撮影ポイント」と書かれたところになります。
d0242350_15304116.jpg

1.まず、ダウンタウン・シアトルからシアトル・タコマ国際空港までライトレール「Link」で向かいます。

2.「Link」の乗り場の1階にあるバス停に向かいます。

3.「560系統 Bellevue行き」に乗ります。
  気を付けなくてはいけないのが、560系統は上りと下りの両方が来るので必ず「Bellevue(ベルビュー)行き」に乗るということです。
d0242350_1534175.jpg

d0242350_15364790.jpg

右上に見えているのが「Link」のホームです。


4.「Renton Transit Center」で降ります。
 乗車時間は20分ほどで運賃は$2.50になります。

5.「Renton Transit Center」から撮影ポイントまでは徒歩になります。
 途中、写真Aや写真Bの交差点を通ります。
・写真A
d0242350_15471822.jpg

d0242350_15485080.jpg

・写真B
d0242350_1549857.jpg

この交差点を右折し、しばらくいくと滑走路側に張り出した駐車場がありそこが撮影スポットになります。



帰りは「Renton Transit Center」まで戻り、「560系統 WEST SEATTLE」行きでシアトル・タコマ国際空港まで戻ります。
by will787 | 2011-12-21 16:00 | 海外空港 | Comments(0)

12/18 シアトル遠征 ボーイングフィールド撮影編

ボーイングフィールドでの撮影は、「ミュージアム・オブ・フライト(Museum Of Flight)」の駐車場が定番撮影ポイントとなっています。

今回は旅行中唯一の晴天だったのに感謝祭の翌日ということか一機も飛びませんでした・・・

天気が良いので、滑走路の31Lエンドにある「ミュージアム・オブ・フライト」から反対側の13Rエンドまで歩いて行きました。40分くらい歩いたかな?結構疲れました。
d0242350_11461225.jpg

赤丸Aが「ミュージアム・オブ・フライト」 ここから赤丸Cにある公園まで歩きました。

・まず、撮影ポイントA
d0242350_11481791.jpg

ダウンタウンの高層ビル群が見えます。飛行機が飛んでれば絡むかな?


・撮影ポイントB
ここは使われていない建物があり、そこの駐車場から撮りました。
d0242350_11503420.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイングフィールド(2011/11/25)

アメリカの「Direct Air(ダイレクトエア)」



歩道に沿って撮影ポイントCへ向かいます。
途中からテストフライトを待つ飛行機が見え始めてきます。
d0242350_11572372.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイングフィールド(2011/11/25)




d0242350_11592893.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイングフィールド(2011/11/25)

トルコのLCC「PEGASUS AIRLINES(ペガサスエアライン)」



d0242350_1231991.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイングフィールド(2011/11/25)

インドのLCC「Spice Jet(スパイスジェット)」
インドらしい名前?(笑)



やがて、ボーイングストアが見えてきます。
d0242350_1252015.jpg

当日はお休みでしたが中を覗き込むと、結構広くひと通りのものは売っていそうです。
バス停の目の前にあります。



d0242350_1263850.jpg

各国エアラインのテストパイロットが受領検収フライトの為に集まる「テストセンター」



d0242350_1284580.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイングフィールド(2011/11/25)

B787ドリームライナー



d0242350_1291881.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイングフィールド(2011/11/25)

アイルランドのLCC「RYAN AIR(ライアンエアー)」
運賃は安いが色々と問題のありそうな巨大エアラインですね。



d0242350_12143310.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイングフィールド(2011/11/25)

歩道からはフェンスが邪魔になりますが飛行機を見ることはできます。
脚立があればクリアできるけど、何が起きるかわからないし持って行けませんね。



・撮影ポイントC
公園がありフェンス越しになりますが高台より一部パスして撮影出来ます。
条件が良ければマウント・レーニアと飛行機を絡めることができます。
d0242350_1215269.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイングフィールド(2011/11/25)

B787ドリームライナー


d0242350_12183297.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイングフィールド(2011/11/25)

ボーイングフィールドに駐機する旅客機たち



d0242350_12192591.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイングフィールド(2011/11/25)

このボーイングフィールドの上空はシアトル・タコマ国際空港(シータック)へ着陸する飛行機が通るため頻繁に腹気味ですが見ることができます。
by will787 | 2011-12-18 12:30 | 海外空港 | Comments(0)

12/17 シアトル遠征 ボーイングフィールドへの行き方編

続きましては、「ボーイングフィールド」への行き方です。

ボーイングフィールドはエバレット工場やレントン工場で組み立てた旅客機をカスタマー(各エアライン)が受領のためのテストフライトをする所で各エアラインのテストパイロットが集まります。ここにもボーイングストアがあります。

このボーイングフィールドは一般人の入場は不可なので、撮影には滑走路エンドにある航空博物館「Museum Of Flight」(ミュージアム・オブ・フライト)の駐車場が最適な場所となります。



それではダウンタウンシアトルからミュージアムオブフライトへの行き方を説明します。

1.「124番 TUKWILA INT'L BLVD STATION」のバスに乗ります。
ダウンタウンの3rd Aveを通っていますので、「3rd Ave & VirginiaSt」から乗ります。
赤丸がバス停になります。
d0242350_13522975.jpg

バス停の様子
d0242350_13404331.jpg

「124番 TUKWILA LINK STATION」のバスに乗ります
運賃は$2.25で後払いです
d0242350_13531693.jpg

ちなみに、終点の「Tukwila International Blvd Station」はシアトル・タコマ国際空港からダウンタウンのWestlakeまで運行しているライトレール「Link」のシアトル・タコマ空港から一駅いった駅と接続しています。


2.「East Marginal Way S & S94th PI」で降ります。
バス停の手前から右手にコンコルドが見えてきます。乗車時間は30分です。
d0242350_1423938.jpg

バス停の後ろには「Museum Of Flight」と書かれた建物をみることができる。
d0242350_1464450.jpg

「Museum Of Flight」の受付はこの歩道橋を渡った先になります。
d0242350_1435387.jpg


以上が、「ボーイングフィールド」「Museum Of Flight」への行き方です。
帰りも道路の反対側車線にある同じ124番のバスでダウンタウンまで帰ることができます。



「ミュージアム・オブ・フライト」の簡単な紹介をします。
入場料は大人$16です。
メインの建物の様子
d0242350_1410930.jpg


隣接する「Air Park」には、コンコルドやボーイング747初号機、エアフォースワンなどが展示され機内に入ることができます。
d0242350_14102840.jpg

d0242350_14103643.jpg


感謝祭後だったのでクリスマス気分満開!!
d0242350_14112614.jpg

by will787 | 2011-12-17 14:21 | 海外空港 | Comments(0)

12/12 シアトル遠征 ボーイングエバレット工場 撮影編 その2

Future of Flightの2階展望デッキからみた、エバレット工場です。

d0242350_1936203.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイング・エバレット工場(2011/11/23)

ANAとJALのB787ドリームライナーが相対しています。
ANA機にはJA809Aと見ることができます。他にもANAのB787ドリームライナーはJA805A等、工場のラインや外を合せて結構な数がありました。JAL機も2機ほど見ましたが、いずれもアークサン塗装で鶴丸に塗り直しでしょうね。



d0242350_19411851.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイング・エバレット工場(2011/11/23)

新型のB747-8F(B-LJD)



d0242350_1942217.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイング・エバレット工場(2011/11/23)

同じく新型のB747-8F(N-5017Q)



d0242350_19484568.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイング・エバレット工場(2011/11/23)

旅客機型のB747-8



d0242350_19534439.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイング・エバレット工場(2011/11/23)

この建物の中が製造ラインで旅客機が流れ作業(トヨタ方式)で組み立てられている。
手前からB747のライン、B777のライン、B787のラインとなっていて実際はとても巨大なものです。B767は道路を挟んで反対側にあるラインで組み立てられているということでした。
by will787 | 2011-12-12 20:01 | 海外空港 | Comments(0)

12/12 シアトル遠征 ボーイングエバレット工場 撮影編 その1

ボーイングエバレット工場の撮影ポイントは2か所になります。

私が行った日は、感謝祭(Thanksgiving Day)の前日だったせいか、飛行機は2機しか飛びませんでした。Future of Flight内のデリも午前のみの営業となっており昼食は自販機のスナックになってしまいました・・・


撮影ポイントの一つは、工場見学ツアーの受付建物である「Future of Flight」の駐車場です。
ここは滑走路のエンド付近になりますがフェンス際がこんもりとした丘になっており、フェンスは邪魔になりません。
d0242350_18544851.jpg

ここからは到着時に丁度フライトをしていた「バージン・オーストラリア」塗装のB737-800(VH-YID)を撮影することが出来ました。
d0242350_18581014.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイング・エバレット工場(2011/11/23)




d0242350_18582089.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイング・エバレット工場(2011/11/23)




もう一つは、「Future of Flight」の2階にある展望デッキです。
ここからはエバレット工場を一望できます。
この日は、ベルギーの「TNT航空」塗装のB777-F(OO-TSC)を撮影することができました。
d0242350_1922541.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイング・エバレット工場(2011/11/23)



d0242350_19223071.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイング・エバレット工場(2011/11/23)



d0242350_19232374.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイング・エバレット工場(2011/11/23)

背景に沢山の製造途中の飛行機が見れます



d0242350_1925116.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
ボーイング・エバレット工場(2011/11/23)




撮影できた飛行機はこの2機のみでしたが、工場ツアー中に「ドリームリフター」がセントレアに向かって飛び立っていきました。
by will787 | 2011-12-12 19:37 | 海外空港 | Comments(1)

12/8 シアトル遠征 ボーイング工場見学ツアーへの行き方編 その2

今回はボーイングエバレット工場見学のスタート地点であり、「Future of Flight」という展示物コーナーやボーイングストアがある建物の紹介とシアトルダウンタウンへの帰り方を説明します。

入り口を入り正面の青いTicketsと書かれたマシンのあるところが受付になります。
d0242350_12911100.jpg

ボーイング工場見学ツアーの申し込みは、当日この受付でできますが、事前にボーイングのHPからオンラインで予約購入できます。チケット代は$16でした。

 予約サイト → http://www.futureofflight.org/fof_Visit_Admission.html

右側には、喫茶コーナー
右奥には、Future of Flight
正面の階段を上がると、屋上展望デッキ
左奥には、Boeing Tour入り口
左手前には、ボーイングストア
があります。

左側にあるコインロッカーは、日本語をタッチすれば日本語で表記されます。
お金は戻ってくるので無料ですし、途中で何回も出し入れ可能です。
d0242350_12161123.jpg

Future of Flightの展示物
d0242350_1220410.jpg


ボーイング工場ツアーでは、エバレット工場で製造しているB747、B777、B787の製造ラインを見ることが出来ました。B747は既にB747-400ではなく、B747-8が製造されていました。




それでは、シアトルダウンタウン「WestLake Center」への帰り方を説明します。

1.来たときに降りたバス停「Hwy525&84th St SW」のある交差点まで戻ります。
交差点の左奥側にセブンイレブンがあります。
d0242350_12251816.jpg

そのセブンイレブンの前に帰りのバス停があります。
d0242350_12261438.jpg




2.「113番 Lynnwood TC」行きのバスに乗り終点まで行きます。
運賃は行きと同じ$1.75です。

バスの中はこの様な感じ。
d0242350_12293818.jpg



3.LynnWood TCに着いたら、「D3」乗り場から「511番 Seattle」行きのバスに乗ります。
運賃は行きと同じ$3.50です。
d0242350_12321884.jpg




4.「5th Ave@Pine St」で降ります。
このバス停も「WestLake Center」の後ろにあるので乗降客が多く分かりやすいでしょう。
d0242350_12333611.jpg




これで、ボーイング エバレット工場見学ツアーへの行き方を終わります。
次回は、エバレット工場で撮った飛行機写真を紹介していきます。(ツアー中は撮影NGなので外周から)
by will787 | 2011-12-08 15:00 | 海外空港 | Comments(0)

12/8 シアトル遠征 ボーイング工場見学ツアーへの行き方編 その1

今回は、シアトル旅行で人気のオプショナルツアーになっている「ボーイング工場見学ツアー」へのバスでの行き方を紹介します。

この「ボーイング工場ツアー」はエバレット市にあるペインフィールド空港に隣接するボーイングのエバレット工場が行っているボーイングツアー(Boeing Tour)を指しています。

このツアーは朝の9:00から15:00の間、30分おきに10回ほど行われていて所要時間は1時間30分ほどだったと思います。ボーイングのツアーガイドに引率され、バスに乗りながら移動し工場の見学ルートを回ります。
もちろんガイドは英語です。また、カメラや携帯、財布にいたるまで所持品は一切持ち込めませんので入り口にあるコインロッカーに預けることになります。

このツアー、日本の旅行代理店のオプションで参加すると一人あたり$130かかります。バスで行った場合は$26.5ですみます。ツアー中のカイドが英語であること、滞在時間を自由に決められるということもあり私はバスで行きました。



それでは、シアトルのダウンタウンの中心地である「WestLake駅」の上にある「WestLake Center」というショッピングモールを起点にボーイングエバレット工場への行き方を説明します。
ちなみにこの「WestLake Center」にはフードコートや両替所もあるので度々来ることになるでしょう。


1.バス停は、WestLakeCenterの向かいにあるドラッグストアの横の赤丸の地点になります。
ここから「511番 AshWay行き」に乗り、「Lynnwood TC」というところで途中下車します。
d0242350_1114078.jpg

バス停の名前は「Olive Way @6th AVE(EB)」になりますが、そんなことは何処にも書いてありません(笑)
d0242350_1183611.jpg

バス停に511番と書かれているのを確認し、511番のバスに乗ります。1時間に4本程度来ます。
運賃は$3.50で後払いです。
d0242350_11233550.jpg




2.「Lynnwood TransitCenter」で降ります。「D2」乗り場に到着します。
所要時間は30分で、ハイウェイに乗って4つ目のバス停です。バス停といってもバスセンターみたく大きく、乗降客も多いのでわかりやすいでしょう。バスを降りる際には日本でいうところのブザーの代わりに「ひも」を引きます。
d0242350_11254746.jpg




3.「B3」乗り場から「113番 Mukilteo」行きのバスに乗ります。
降りるバス停は「Hwy525&84th St SW」になります。バス停の番号でいうと964番で44個目になります。
こちらのバスは日本の様にバス停の音声案内がないので、事前にドライバーに降りたいバス停の名前かボーイングの「Future of Flight」に行きたいと行っておけば次で降りるよと教えてくれるでしょう。
d0242350_1135388.jpg

運賃は$1.75で先払いです。所要時間は40分です。
d0242350_1138732.jpg




4.「Hwy525&84th St SW」で降ります。
d0242350_11473741.jpg




5.バスの進行方向と反対側の交差点を左に行きます。
d0242350_11495886.jpg

右手には「TacoBell」が見えます。
d0242350_11505067.jpg




6.結構キツイ坂道になりますが15分ほど歩くと「Future of Flight」という建物が見えてきます。
この「Future of Flight」がボーイングツアーの出発地であり、ボーイングストア等があります。
d0242350_11542895.jpg

ここが入り口になります。
d0242350_11553079.jpg




ここまでが、ボーイング エバレット工場までのバスでの行き方になります。
バス代が片道で$5.25でした。
次回は「Future of Flight」の中の案内と帰り方を紹介します。
by will787 | 2011-12-08 12:30 | 海外空港 | Comments(6)

12/5 シアトル遠征 仁川空港展望台からの撮影編

仁川空港展望台からの撮影を40分ほど行いインチョン国際空港へと戻りました。

撮影の間、韓国の人が社会科見学と思われる団体も含めて3組ぐらい来ましたが、一眼レフを持って飛行機を撮影している人はいませんでした。しかし、空港へ戻るバスからは2組ほど結構大きなビデオカメラを三脚に据えて撮影している人がいました。韓国では飛行機は写真より動画の方が人気があるのでしょうか?
d0242350_19932100.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
仁川(インチョン)国際空港(2011/11/21)




d0242350_19113244.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
仁川(インチョン)国際空港(2011/11/21)




d0242350_1912764.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
仁川(インチョン)国際空港(2011/11/21)




d0242350_19124071.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
仁川(インチョン)国際空港(2011/11/21)



d0242350_19142223.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
仁川(インチョン)国際空港(2011/11/21)

エティハド航空の特別塗装機



d0242350_1915197.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
仁川(インチョン)国際空港(2011/11/21)




おまけ その1
d0242350_19152247.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
仁川(インチョン)国際空港(2011/11/21)

モンゴル航空の新塗装



おまけ その2
d0242350_19154196.jpg

Canon EOS-1D Mark IV EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
仁川(インチョン)国際空港(2011/11/21)

エアーアスタナ カザフスタンの航空会社
by will787 | 2011-12-05 19:24 | 海外空港 | Comments(0)

12/1 シアトル遠征 仁川空港展望台への行き方編

仁川(インチョン)国際空港からのシアトル便は18:30発なので、それまでの間に「仁川空港展望台」へ行くことを計画していました。

仁川国際空港には日本の様な展望デッキがなく、また空港周辺での撮影は警察に厳しく注意され、唯一自由に撮影できるのが「仁川空港展望台」だと聞いていたからです。


今回は、仁川(インチョン)国際空港から、「仁川空港展望台」へのバスでの行き方をご紹介します。

まず、空港内には英語や日本語の表記を良く見かけますが、一歩外に出てバス乗り場やバス自体にはハングル文字しかなく、全く何が書いてあるのか予想が付きません(笑)
バス会社のホームページもハングル文字しかありません。

空港にはバスが2か所に止まります。これは東側を「大韓航空」、西側を「アシアナ航空」が利用しているためです。今回は空港で最初に止まる東側「大韓航空」側からバスに乗ります。

1.バス乗り場は空港出発ロビーのある「3階2番」になります。
ここから「306  Eulwang-Ri Beach」行きに乗ります。
d0242350_18554317.jpg

とにかく「306」番のバスに乗ります。
運航間隔は10分~15分で、運賃は1,000ウォンになり先払いです。

バスはこんなカラーリングです。
d0242350_1901762.jpg

バスの車内はこんな感じです。
d0242350_1962533.jpg



2.5個目(仁川空港展望台)のバス停で降ります。
車内アナウンスは全く理解できませんが、1つ目のバス停が「空港3階13番乗り場」、2つ目のバス停が「ハイアットホテル」なのは理解できました。

バスの経路は下マップの様になり、赤丸が「仁川空港展望台」です。
d0242350_1981877.jpg

車内では段々と不安になりますが(笑)、右手に滑走路が見えてき、アナウンスがあったらブザーを押せばOKです。

降りたバス停はこんな感じです。
d0242350_19155344.jpg



3.バスを降りたら、道路を反対側に渡り進行方向へ少し歩きます。
左手に道路が現れ、左側の坂を登ります。
d0242350_191981.jpg

丁度、帰りのバス停が見えます。


4.直進すると駐車場で右のさらにキツイ坂を登ると「仁川空港展望台」になります。
d0242350_19222323.jpg



5.坂を登りきると「仁川空港展望台」に到着です。
ここにはトイレもあり、建物の中には仁川空港の説明パネルと受付の女性が一人いました。
建物左手のバルコニーみたいなところから撮影できます。
d0242350_19291443.jpg


ここからはこの様に空港を一望できます。
d0242350_1930243.jpg


撮影データとしては、手前の滑走路が着陸専用で使用されており、35ミリ換算520ミリではちょっと遠い感じ。奥の滑走路が離陸用ですが遠すぎて無理という感想です。
撮影した飛行機写真は次回ご紹介します。


6.では空港へ帰りましょう。
坂を下り、3.で見たバス停でバスを待ちます。
バス停のアップ写真です。
d0242350_19391947.jpg

306以外わかりませんね・・・


7.4つ目のバス停が「仁川空港2A乗り場」になります。
帰りのルートは行きと同じで料金も同じ1,000ウォンになります。
d0242350_19444662.jpg



以上が「インチョン国際空港」から「仁川空港展望台」への行き方になります。

仁川空港展望台へ行きたいが行き方がわからないという方の手助けになれれば幸いです。
by will787 | 2011-12-01 20:00 | 海外空港 | Comments(2)


主に日本の空港で撮影した旅客機写真を紹介しています。リンクはフリーです。(全ての写真はクリックすると大きくなります)


by will787

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

バニラエア 下地島パイロット..
at 2017-11-20 18:00
バニラエア 下地島パイロット..
at 2017-11-14 23:15
バニラエア 下地島パイロット..
at 2017-11-11 15:10
バニラエア 下地島パイロット..
at 2017-11-05 22:05
バニラエア 下地島パイロット..
at 2017-10-31 18:00
バニラエア 下地島パイロット..
at 2017-10-27 19:00
バニラエア 下地島パイロット..
at 2017-10-25 09:20
写真展のお知らせ
at 2017-10-22 23:26
バニラエア 下地島パイロット..
at 2017-10-22 16:48
バニラエア 下地島パイロット..
at 2017-10-20 18:00

記事ランキング

カテゴリ

全体
フォトコン
搭乗記
海外空港
利尻空港
稚内空港
紋別空港
女満別空港
中標津空港
釧路空港
帯広空港
旭川空港
丘珠空港
新千歳空港
函館空港
青森空港
秋田空港
庄内空港
仙台空港
成田空港
羽田空港
大島空港
八丈島空港
富山空港
能登空港
小松空港
中部国際空港
伊丹空港
関西国際空港
岡山空港
広島空港
岩国空港
鳥取空港
米子空港
出雲空港
徳島空港
山口宇部空港
高松空港
松山空港
高知空港
福岡空港
大分空港
長崎空港
熊本空港
宮崎空港
鹿児島空港
那覇空港
宮古空港
下地島空港
石垣空港
新石垣空港
機窓より
その他
テューペロ空港
シアトル・タコマ空港
ホノルル空港
リフエ空港
ヒロ空港
フランクフルト空港
香港国際空港
セント・マーチン
シドニー国際空港
未分類

タグ

(427)
(324)
(239)
(221)
(173)
(128)
(128)
(121)
(101)
(80)
(58)
(51)
(42)
(38)
(22)
(20)
(12)
(11)
(7)
(7)

著作権について

本ブログに掲載されている写真、画像類は許諾なしに無断で複製、転載等することはできません。
お問合わせや感想などはコメント欄までお願い致します。非公開コメントにてメールアドレスを記入いただきますと返信いたします。

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

画像一覧

最新のコメント

making さま ..
by will787 at 16:51
my-seki-haji..
by will787 at 00:14
今晩は 満月ヒコーキ景..
by my-seki-hajime at 00:52
りっぱなしめなわしっかり..
by 66歳ものずき at 13:07
66歳さま コメン..
by will787 at 16:45
すみません、ふたたび。羽..
by おかしな66歳 at 08:15
はじめまして。航空機がお..
by いつのまにか66歳 at 11:40
> ともさん コメント..
by will787 at 00:34
山口さま 弊ブログ..
by will787 at 01:24
view-finder ..
by will787 at 09:30

フォロー中のブログ

山と野と
飛行機三昧
自由な空と雲と気まぐれと...
ラジオ・ヒコーキ・いろいろ
View Finder ...
ヒコーキ写真-TOYAM...
WiNGSCAPE
飛行機好きの一人写真展

外部リンク

ブログジャンル

鉄道・飛行機
カメラ